森博嗣先生関係 by Amazon

ランキング参加中。投票してくれるとうれしい
人気ブログランキング
元祖ブログランキング

2006年11月09日

携帯、勝ち組はau

番号継続制 出だしは独り勝ち

個人的注目点
 最大手のNTTドコモと、契約者間の通話無料を打ち出したソフトバンクモバイルは、それぞれ約七万三千台、約二万三千九百台の純減と携帯三社間で明暗が分かれた。
つまり、システムトラブルで大変になっていたときの、「予想外割が好調のため」というソフトバンクの弁明は真っ赤なうそであったことがはっきりしたわけですね。
こういう印象操作って法的に大丈夫なんですか?
posted by シロ at 12:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。