森博嗣先生関係 by Amazon

ランキング参加中。投票してくれるとうれしい
人気ブログランキング
元祖ブログランキング

2006年08月11日

小泉「批判されるいわれはない!」

小泉首相キレた…目を覚ませ

よく言った!!

小泉首相にもう一期やってもらいたいなぁ
特定アジア3国に対して、あれほど見事にスルーできる人材が他にいるだろうか?
安倍さんにスルーが出来るだろうか?

今、日本はまともな国になるための大事な時期にいると思う。
売日マスコミは今日も、「アジアといえば中朝韓」見たいな報道を続けるけど、
賢い若者はそんなマスコミを鼻で笑いつつ、インターネットから正しいアジア諸国の
情報を仕入れている。

ちょっと検索してみればわかるけど、首相がモンゴルに行くとなればモンゴル人との
心温まるエピソードが各所で発表されている。
天皇皇后両陛下がプミポン国王の在位60年の祝賀行事のためにタイへ出発されたときも
タイ王室と日本の皇室との絆に関するエピソードがたくさん発表されたりした。

日本はアジア諸国からちっとも孤立していない。
というか、中朝韓以外の世界中はありがたいことに日本をよく思ってくれている。
先祖が長い時間をかけて築いてきた信頼だ。涙が出るほどありがたい。

この変なマスコミの行動に気づく日本人はだんだんと増え続けていると思うが、
まだぜんぜん足りない。
危機感の無いおばさんおじさん連中は頭っから信じていたり、子どもにその考えを
押し付けたりしている。
(教育現場に大量に入り込む帰化朝鮮人も子どもの洗脳に一役買っていたりする
 で、大人になってそれに気づいた子どもが、特亜を過剰に嫌いになったりするw)
この奇妙な日本を立て直すために、小泉の飄々とした態度はもうちょっとの間
必要なんじゃないだろうか?
posted by シロ at 09:45| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小泉さんの大好きな吉田松陰、岸信介さんの曽祖父の学友だったそうです。安部さんも、きっちり靖国に行かないといけないですね。

日本の子供がスーホの白い馬を読んでモンゴルに関心をもち、モンゴルの子供がつるの恩返しやかさこじぞうを読んで日本におもいをはせる。とてもよいはなしだとおもいます。

北京は元や清の王朝の冬の避寒地だったので、モンゴルが内モンゴルと一緒になると指呼の間です。
うーん、良い話ですね。
Posted by 電脳物流 at 2006年08月11日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。